氏家 うじいえ


木戸番所跡付近にある道標

 氏家が会津中街道の起点といわれてているのは、江戸からの街道である奥州街道との分岐点があるからです。もともと奥州街道十宿の1つとして成立しましたが、やがて脇街道にあたる会津中街道、会津西街道、原方街道もつながり、多くの旅人や物資が集まっていました。宿は、現在の氏家市街地のところに、南北に長さ約950メートルにわたって形成されていました。道幅は約18メートルもあり、両側に水路も掘られていました。宿の南には木戸番所があり、江戸へ向かう道と水戸へ向かう道との分岐点になっていました。現在も道標が立っています。

 この道標は天保9年(1838)に建てられたものです。「右 江戸海道 左 水戸かさま 下だて 下つま」と彫られており、宿から南に向かう人に対しての案内です。また、今も市街地一帯には、氏家宿の問屋兼本陣を勤めた平石家など、屋敷や樹木などにその繁栄ぶりがうかがえる旧家が点在しています。氏家はまさに、交通の要衝として栄えた町であったわけです。

 氏家の北側には市街地とそう遠くないところに会津西街道との合流点(分岐点)がありました。旧街道は現在の国道4号線とほぼ重なるように通っていたようですので、やむをえず国道を歩きますが、西側の蒲須坂駅近くに旧街道の一部を見ることができます。さらに北の乙畑との境になっている荒川は、ほぼ東西に流れており、旧街道は荒川を垂直に横切ります。現在の荒川橋の東側に旧街道が通っていたといいます。そこは当時湿地帯で、歩きづらい箇所であったということです。現在の道路を歩く時、遠くから眺めるだけで、そこが難所であったということなどまったく考えもせずに通り過ぎてしまいます。




乙畑

氏家

阿久津河岸