御山村 おやまむら


明光寺入り口

 当時は城下までかなりの距離のある農村でしたが、現在は会津若松市の住宅街と農村の境目あたりに位置します。会津中街道は西側に平行して走るバイパスと、東側の青木山(奴田山)の間をとおって、西側の田畑とバイパスを見下ろします。江戸以前には小山と書きました。享保年間に始められたという薬用ニンジンの栽培は、今も一部で見ることができます。集落の西側には処刑場、戊辰戦争時には野戦病院も置かれたということです。

 集落の中ほど、明光寺入り口にはかつて一里塚があったそうです。御山は扇状地に立地しているのでふだんは水の少ない土地ですが、大雨が降ると村に大水が出るそうです。その治水工事の時、一里塚は片付けられてしまったそうです。現在はそばに立っていたという大ケヤキもなく、地元信仰の石碑だけが西側の田畑とバイパスを見下ろすように並んでいます。





南青木村

御山村

堤沢村