百村 もむら


 百村から下流にかけてはゆるやかに高原が開き、田畑や道が数多く開かれたところですが、反対の方向にはすぐ山が迫っています。その山と高原の境目に細長く百村本田という集落を形成しています。また百村には二つの大きな寺があり、多くの参拝者を集めています。一方の寺、光徳寺には御城米の運送に関する古文書が残されているそうです。地理的に重要なポイントであった百村は、継所としての役割を担いつつ発展したものと思われます。

 集落の南端の分かれ道には、「左 木綿畑 大田原」「右 山道 三良手筆」と石碑にあり、南に向かう人に対しての案内をしています。そのまま旧街道を進めば、高林・横林に至ります。北へ向かう板室への道は、集落の北端から北東に進路を変えます。ほどなく一里塚が現れます。

西塚 東塚






板室

百村

笹野曽里