水門 みつかど


 明治期に南東に位置する沢入(さわいり)村と現在廃村になっている大窪(おおくぼ)村とを合わせて現在はこのあたりの大字になっている澳田村(いくたむら)と呼ばれていました。南の中妻を通らずに沢入と大窪を通って松川地区につながる道があったと伝えられています。
 北のはずれには男女川(おながわ)に橋がかかっていますがかつて御番所があったところと伝えられています。





塔のへつり

水門

沢入