上雨屋村 かみあまやむら

国道の車窓から

 現在は北側に位置する宮内村と境目がなく、国道となっているため見通しも良く、1つの集落のように見えます。何も特徴のない集落ですが、東側の丘陵地帯には古代遺跡が存在し、多数の窯跡や製鉄跡等が確認されています。古代の昔より、若松方面との交通があったと思わせるには十分な資料です。





宮内村

上雨屋村

南原村