石村 いしむら
石村にある道標

 村の名前は、村中にあった石仏に由来しているそうですが、はじめはそのまま石仏村といったそうです。村内の南の方に一里塚があり、道標には、「右たしま日光、左○○掛○○」と記されています。そこから東寄りの山道が旧道です。以前は村の南端の岩山の上にある薬師様のおまいりなどに使われていたそうですが、現在の国道に通じる新しい道(石段)ができてからは誰も通らなくなってしまったそうです。そのうえ地盤沈下や崖の崩落などがあったため、現在通行不能です。一里塚のすぐの所でさえも、いったいどこが道だったのかわからないほどの竹やぶになってしまっています。

 さて、この「右たじま日光、左○○掛○○」はなんと読むのでしょうか。諸説ありますが、佐藤は受講中の古文書講座の酒井先生にご解読いただき、以下のように推測しました。
 右は、「たじま日光」で異論はないと思います。左の前半「左○○」部分は、先生に「薬し」と読んでいただきました。「藥」はくずし字でくさかんむりに「示」の横棒二本が縦棒でつながった形を書きます。薬師ということで「薬師」を検索すると、「薬師がけ」という言葉に出会いました。その地方の山々に祀られた「薬師さま」を一日でおまいりするとご利益があるということです。ここの薬師さまも、会津五薬師の一つです。「掛○○」は文字通り、「掛こし」でよいと思います。そうすると、最後の「し」の部分は、「薬し」の「し」と同じに見えてきます。右側の彫り溝を後世の傷とすれば、全体がまっすぐに並び、右側の「右たじま日光」とバランスがとれます。「右たじま日光、左薬し掛こし」です。

古地図の中の石村

 もしこれでよろしければ、薬師を掛け越す道と本道と、二本あったということです。以前いただいた古地図のコピーに、街道が二本になっているものがありました。これがその街道を表すものでしょうか。一方でこの道標が石村集落の西側にあったという説もあります。「右たじま日光」は目的地から察して大内経由の会津西街道を表し、「左薬し掛こし」は、「薬師さま」を経由した松川新道を表すのでしょうか。自分なりに解決を見たつもりでしたが、新たな疑問も出てしまいました。



面川村

石村

下雨屋村