阿久戸 あくと


 塔のへつりの北にあるこの集落は大川と山裾の岩が奇岩を作っている地形の険しい地域ですが、そのわずかな平地にできている集落です。集落内の道は大きく鉤の手にまがっています。現在の幹線道は部落の東側をほとんど集落の建物を見ることなく通っています。景勝地「塔のへつり」に阿久戸側から訪れる人はあまりいません。
後世移動したものと思われます
 しかしながら集落の南端に立つ石標を見ると「左 馬ミち / 右 塔のへつり田島道」とあり、荷馬車と歩行者を分けていたポイントであったことがわかります。同時に塔のへつりの険しい崖が会津中街道であったことを証明しています。





白岩

阿久戸

塔のへつり